INFORMATION
ディスペンサのナカリキッドコントロールTOP > Information > 1 - ディスペンサとは何か? 使用方法についてもご紹介

ディスペンサとは何か?
使用方法についてもご紹介

ディスペンサ

「ディスペンサ」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?
製造業では「接着」はもちろん、「封止」、「充填」、「線引」など、液体を使用した作業を行います。
これらの作業にあまり手間・時間をかけずに施すためには「ディスペンサ」を用いることが一番の近道です。
今回は「ディスペンサとは何か」「ディスペンサの吐出方法」についてご紹介します。

「ディスペンサ」とは何か?

自動車産業や電機・電子産業など、主に製造業で用いられる「ディスペンサ」とは液体を正確に定量吐出することができる装置です。
日本語訳では「液体定量吐出装置」となり、分注や分配を意味する「dispense」を語源とする単語でもあり、14世紀の中世ヨーロッパの貨幣決済の際に秤を使用して正確に計測して分け与えたことがルーツとされています。
自動販売機やATM のほか、家庭用のシャンプーを出す容器などのことを指すこともありますが、こちらでは主に自動車部品や電子部品の製造工場などで用いられる専門装置のことをご説明いたします。

「ディスペンサ」使用前の確認事項

ディスペンサで液体を吐出する為に、まずは吐出する液体の量や性質を把握する必要があります。
吐出する液体の粘度や性質、1液か2液か、ターゲットにはどれくらいの液体を塗布しなければならないのか、また液体の硬化時間、熱や時間による性質の変化などを確認します。
ターゲットについては塗布する液体の温度や構成により破損してしまわないかなど、材料そのものに関する注意が必要となります。
液体やターゲットに問題がないことの確認ができたら、ディスペンサシステムを構成します。
必要量の液体をターゲットに吐出するために、計量を行うポンプ、吐出量や吐出タイミングなどの制御を行うコントローラを中核とし、その周辺にタンク・バルブ・ノズルなどを複数組み合わせて「ディスペンサシステム」を構成していきます。
そのような「ディスペンサシステム」では、さまざまな種類の中から液体の性質や使用目的に合わせた吐出方法を選定することができ、吐出方法を決定することによって、ディスペンサを使用することができるのです。

「ディスペンサ」吐出方法の例

ディスペンサの吐出方法

吐出方式の例としては、エアシリンジ方式・チュービング方式・容積計量方式などが挙げられます。

エアシリンジ方式

エアシリンジ方式は、主に吐出対象である液体を入れるシリンジのほかに、レギュレータ・開放弁・制御機器などによって構成されており、シリンジの中の液体を空気圧で押し出す時間により吐出量を制御しています。
設定した値に吐出量が達する時、制御機器によって弁を閉じることで吐出を止めます。

チュービング方式

チュービング方式は、主に液体を送り出すチューブのほかに、チューブポンプが取り付けられた制御機器などによって構成されています。
ポンプ内にあるローターの周囲に取り付けたチューブを、ローターが回転しながら圧力をかけていき、その圧力でチューブが液体の吸い込みと押し出しを繰り返すことで、吐出部まで安定して液体を送り出し、吐出します。

容積計量方式

容積計量方式は、主に液流路内に設けた計量室内でピストンが押し出した体積分の液量を吐出する方式で、ピストンの径とピストンが動いた距離(ストローク)で、液体の吐出量が決まります。
ピストンの径とストロークによる体積で、吐出に必要な液量を確保するため、液粘度変化による吐出量のバラツキが少ない計量精度の高さが特徴です。
そのため、低粘度から高粘度までの幅広い粘度の液体を、正確に吐出することができます。

「ディスペンサ」の使用シーンは?

ディスペンサの使用シーン

ディスペンサの装置の使用シーンとしては、自動車・家電などの部品やディスプレイ・半導体などの精密機器の製造工場などで用いられています。
自動車では主に部品の製作時にディスペンサが用いられ、ECU・パワーモジュール・LED・ルームミラーなど、さまざまな部品に対して塗布が行われています。
ディスプレイ・半導体などでは主に接着・封止・ポッティングなどで用いられる液体の吐出としてディスペンサを使用します。
また用途に適したディスペンサを選ぶ際には、「吐出量」「吐出する液体に対応可能かどうか」に関して考慮して選ぶ必要があることを覚えておくと良いでしょう。

おわりに

今回は「ディスペンサとは何か」や「ディスペンサの吐出方法」についてご紹介しました。「ディスペンサ」は、さまざまな液体を正確に計量し、定量の吐出を行うため、高精度な吐出を求められる自動車部品や電子部品の製造工場で多く用いられます。
製造業での塗布作業にお困りの方は、ディスペンサの導入を検討してみてはいかがでしょうか?